本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.0823-22-6868
乳腺外来のご予約・お問い合わせはTEL.0823-24-7567

 求人情報Position Offer Information

 募集職種

お問い合わせ  人事担当 白川(しらかわ)  0823-22-6868
  • 看護師 ・・・・ 若干名
  • 介護士  ・・・・ 若干名
  • 管理栄養士  ・・・・ 若干名
  • 薬剤師
  • 社会福祉士 ・・・・ 若干名
  • 介護支援専門員 ・・・・ 若干名
  • 理学療法士 ・・・・ 若干名
  • 作業療法士 ・・・・ 若干名
  • 言語聴覚士 ・・・・ 若干名
  • 放射線技師 ・・・・ 若干名
  • 診療報酬請求事務 ・・・・ 若干名
  • 事務長候補

 当院よりメッセージ

当院では子育て支援の一環として、子どもの保育園、幼稚園等の行事による休暇(期日指定休暇)、急な発熱などの急病に対し、かけつけ帰宅(早退)を認めています。


 看護・介護科より

看護・介護科は、約70名の職員で、日常ケア・在宅復帰の為の支援を行っています。
 当院へ入院される方は、整形疾患のみならず脳血管疾患、呼吸器疾患など合併されていることも多く、幅広い知識や技術を必要とします。生活の基本となる食事、口腔清潔、入浴、排泄、睡眠などを専門的な視点で観察し、多くの職種と協力し、患者様やご家族と共に日常生活の向上へ対応する技術を幅広く学ぶ事が出来るよう職員一丸となり支援しています。

 就業後の新人看護職員研修や中途採用職員の指導にも力を入れています。また、子育て支援として、かけつけ帰宅や期日指定休暇が認められていますので、子育てが落ち着いた方や、まだ、子育て中の方でも安心して働ける職場です。 

看護師よりメッセージ

 
 子供の発熱や病気などで早退させてもらうことがよくあります。
 そんなとき、職員の方にフォローして頂くことにより育児と仕事の両立を図る事ができています。
 職員の方のご協力にとても感謝しています。


 リハビリテーション部より

 理学療法士21名、作業療法士5名、言語聴覚士2名、リハビリ助手5名の計33名が在籍し、回復期リハビリテーション、外来リハビリテーション、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションを展開しています。


【豊富な機器設備】

当院では、評価機器やトレーニング機器を豊富に揃え、患者様の機能評価や機能改善のためのリハビリテーションに使用しています。ロボットスーツHALは、脚力、歩行機能をサポートする世界初の自立動作支援ロボットで、広島県ではじめて導入し、維持期の患者様などで高い効果を認めています。  その他、様々な機器を駆使しながら、患者様の機能の向上を図るため、リハビリテーションに応用しています。 

 [トレーニング機器の例]    [評価機器の例]
 ・ロボットスーツHAL  ・表面筋電計(ノラクソン社)
 ・表面筋電計(ノラクソン社)  ・BIODEX SYSTEM 4
 ・ALTER G  ・重心動揺計
 ・コンパストレーニングマシン各種  ・足圧接地足跡計測装置(ウォークウェイ)
 ・バランスSD  ・スパイナルマウス
 ・体外衝撃波疼痛治療装置  ・InBody720
 ・ストレングスエルゴ240  ・マルチ動作分析システム(ICprp)
 ・PASシステム  
 ・CPM(肩関節、肘関節、手関節、手指、膝関節)  


【研修会等への積極的参加】
 様々なテーマで行われる研修会や学会に積極的に参加し、療法士の知識・技術の向上を図り、
質の高いリハビリテーションを実践できるように取り組んでいます。3〜4週間の長期間に渡る
研修会などへも参加することができ、意欲がある方には大変に魅力的です。


 [参加した研修会の例]
 ・回復期セラピストマネージャー認定コース
 ・リンパ浮腫指導技能者養成講座
 ・医療リンパドレナージセラピスト養成講習会
 ・加圧トレーニングインストラクター資格認定講習会 
 ・脳卒中後遺症患者へのボバースアプローチ基礎講習会
 ・KYTトレーナー研修会
 ・転倒予防医学研究会
 ・車椅子シーティングセミナー
 ・ノラクソンセミナー(表面筋電図)
 ・FTEX全体研修会
 ・スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会研修会


【研修会等への積極的参加】
臨床でのリハビリテーションに加え、学会での研究発表や専門誌への論文発表を積極的に
行っています。研究のテーマは多岐にわたり、先輩の指導を受けて、新人の療法士でも発表を
行っています。


 [発表した学会の例]
 ・International Congress of World Confederation for Physical Therapy
 ・Congress of International Society Of Biomechanics
 ・International conference on Biomechanics in Sports
 ・日本理学療法学術大会
 ・日本臨床スポーツ医学会学術集会
 ・日本体力医学会大会
 ・日本運動器科学会
 ・リハビリテーション・ケア合同研究大会
 ・肩の運動機能研究会
 ・スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会研修会
 ・中国ブロック理学療法士学会 
 ・広島県理学療法士会 

 [掲載された専門誌の例]
 ・International Journal of Therapy and Rehabilitation
 ・日本臨床スポーツ医学会誌
 ・運動療法と物理療法
 ・Journal of Athletic Rehabilitation
 ・理学療法の臨床と研究
 ・理学療法科学 
 ・難病と在宅ケア


【スポーツトレーナー】
 (公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナーが3名(理学療法士)、広島県トレーナー
協会認定スポーツトレーナーが3名(理学療法士)在籍しています。近隣の中学、高校、大学の
部活動のサポートや、国民体育大会広島県チームへの帯同、さらに、日本代表チームにトレーナー
として帯同しています。スポーツ外傷、アスレティックリハビリテーションやトレーナー活動に興味の
ある方には、大変活動しやすい環境です。


当院の活動に興味を持たれた方は、ぜひ一度、見学にいらしてください。 
当院では、見学に要した費用の一部を負担させていただいています。  

新人セラピストよりメッセージ

理学療法士 島津偉匡

 私は当院が、トレーナー活動が盛ん
に行われているという所に魅力を感じ、就職を決めました。
 私は学生時代から野球に取り組んで
おり、怪我に悩まされる日々が多くありました。そういった経験の中、理学療法士になりたいと思うようになりました。
 当院では中学、高校生だけでなく国体や日本代表のトレーナーとしても活動を行っているという実績があります。また、積極的な研修会、学会活動への参加さらにはこれらをバックアップして頂ける環境が整っている点も大変魅力を感じました。
 4月より理学療法士として働き始めましたが、臨床の現場における
評価方法、治療方法、患者様とのコミュニケーションなどに悩み、
考える日々が続いていますが、経験豊富な先輩方のご指導により、
成長している自分を実感できます。また、当院には若い先生方が
多く、プライベートに関しての相談も行って頂き大変心強く感じて
います。
 私は理学療法士となって間もないですが、悩みながらも日々充実
した日々を過ごしています。今後も努力を怠らず、理学療法士
またはトレーナーとして日々成長していけるよう頑張っていきたい
と思います。

マッターホルンリハビリテーション病院

〒737-0046
広島県呉市中通1丁目5-25
TEL 0823-22-6868
FAX 0823-22-6870