居宅介護支援事業所では、介護を必要とされる方が自宅で適切にサービスが利用できるように、
ケアマネジャーが本人の心身状況や生活環境、本人・家族の希望に沿ってケアプランを作成し、
サービスを提供する事業所との連絡や調整を行い、安心して生活できるようにお手伝いしていきます。
ご挨拶

マッターホルンリハビリテーション病院
看護部長 認定看護管理者
平松 将子

マッターホルンリハビリテーションは
1.地域
2.利用者(患者)
3.職員

へ貢献するというモットーのもとに、地域に根差した事業を展開しております。
このモットーを達成すべく、「思いに寄り添う」ということを大切にしていきたい、伝えていきたいと思います。

1.地域の思い
社会や地域が求めていること、求められていることを受け、マッターホルンリハビリテーション病院、
事業所ならではの取り組みを職員が一丸となって工夫、展開していくこと。

2.利用者の思い
マッターホルンリハビリテーション病院、事業所を利用してくださる方、その家族の方、または地域の方々の思いを受けとめ、その思いに近づけるよう努力をしていくこと。

3.職員の思い
マッターホルンリハビリテーション病院、事業所で働く職員の思いを知り、より良い職場環境を築いていくこと。

地域社会、医療界の中で、看護職が求められるものは多岐にわたり、多くの知識・技術の習得が求められます。人と接し、人を相手に、人と協働して、一人のヒトを支援していくことを忘れずに、人として成長していける場であり、助け合いができる場であること それがマッターホルンリハビリテーション病院、事業所のありたい姿です。

また、看護部では、看護職の役割として、「患者、家族の思いに寄り添うこと」を挙げました。当たり前で簡単なことのようですが、思いを引き出すためには、多くのスキルや技術の習得が必要です。一人ひとり、その人に合わせた思考過程や態度などを身に着けるための学習や体験の場も必要となります。
患者、家族の方が、活き活きとした生活を送れるように支援し、療養生活を満足していただくためにも、人の思いや心に寄り添うことは、その人の人生に寄り添い、暮らしを支えることにもつながっていきます。そこに、患者さんを尊厳する心、仁愛と奉仕の心をこめて看護や介護を提供することを大切にし、最善を尽くしていくことが私たち看護職の使命だと思っています。


看護部のビジョン

患者、利用者に選ばれる病院になる
明るく楽しく学べる病院(看護師に選ばれる病院になる)

看護部のミッション
「患者の思いをくみ取る力」をもつ
楽しく学び、スキルアップできる環境を整備

行動目標
患者、家族の方の話を傾聴し、笑顔で対応する
多職種と協働し、在宅復帰・社会復帰を考え支援し、ひとりひとりにあった療養生活を過ごせるように支援する
看護師として質の高い看護を提供するため、知識・技術の習得に励む
地域で看護・介護連携、病院と施設の連携を強化する
職員の個々を大切にした教育を考える

 

topics
Matterhorn通信 ~ 2017 no.2 ~
◆平松将子看護部長あいさつ ◆居宅介護支援事業所のご紹介